戸建住宅の購入に際して

 昨今、戸建住宅の購入に際し不動産業者に急かされるまま、購入に踏み切り後悔されている方が多くおられます。

 

 不動産の購入は、一生に一度あるか否かの大きな買い物にも係わらず、不動産業者に急かされるまま3,000万円、4,000万円のローンを組み、その支払いが35年続くことを思うと胸が痛みます。

 

 今では無料で不動産の相場観を把握する複数のすべが存しており、例えば地価公示又は地価調査価格、相続税路線価(時価の80%相当)などがありある程度の時価把握は可能であります。

 

 しかしながら、これら情報をもってしても把握しきれないニッチな住宅地が存しています。

 

 それは、市街化調整区域に存する住宅地であります。

 

 これら調整区域に存する住宅地は、まず路線価を調べようにも倍率地域というくくりがなされ、前面道路における路線価が付されておらず、かつ地価公示又は地価調査の価格についても、調整区域の場合は市街化区域と比較するとその地点数が極端に少なくなることから、調整区域内の住宅地相場を正確に把握することは困難を極めます。

 

 特に、調整区域内の住宅地でミニ分譲開発がなされているようなケースでは更に注意が必要です。

 

 このようなケースにおいて公正な第三者目線からの評価人のアドバイスは、非常に価値があります。

 

 先程の話で言えば、3,000万円〜4,000万円のローンが、2,500万円〜3,500万円、場合によっては3,000万円になるかも知れません。

 

 この点に関し、不動産の評価をお願いするにしても費用が幾ら掛かるか分からないといったお声があることを踏まえ、今回は不動産調査報告書による評価を提案させて頂きます。

 

 不動産調査報告書は、不動産鑑定評価書の廉価版としての位置づけにあり、戸建住宅の評価であれば概ね25万円程度の費用で承れます。

 

 先に述べた通り、住宅ローンが場合によっては500万円〜1,000万円も圧縮できる可能性がありますので、保険的な意味合いでも評価人からの意見を求めることは十分価値があることだと思います。

 

 以上、不動産業者がほくそ笑むような過剰な住宅ローンを避けるためにも、第三者目線となる評価人の意見は必要不可欠であります。

▲このページのトップに戻る