相続の円満解決について

 相続税は一部の富裕層のみの話ですが、相続はどのご家庭でも必ず発生します。

 

 相続財産で一番厄介なものは不動産です。なぜなら、その価値が分からないからです。

 

 遺産相続でその価値が分からない資産が含まれていて、円満な相続ができるでしょうか。

 

 恐らく、遺恨を残して終わることでしょう。

 

 解決策は一つ、不動産の価値を明確にすることです。これさえできれば、明確な財産分与が可能となります。

 

 この不動産の価値を明確にするための報告書が不動産鑑定評価書です。

 

 不動産鑑定評価書とは、不動産の経済価値を的確な根拠をもって分かり易く説明した報告書であります。

 

 これら不動産鑑定評価書は、財産総額を明確にさせることを通じ、必ずや各相続人のご不満を解消させ、遺恨を残さない相続を円満解決をもって実現させることでしょう。

 

 これまでの評価人としての知識と経験、そしてノウハウの蓄積が一人でも多くのお悩み相談の一助になればと切に願っております。

 

▲このページのトップに戻る