不動産鑑定の流れ

@ お電話、メールでのお問い合わせをいただきます。

 

 

A その後、評価手数料のお見積り金額のご提示を行います。

 

 

B 正式なご依頼を受けるにあたり面談を行います。

 

 

C その際に、評価のご依頼をいただくにあたり取り交わす書面の交付及び評価にあたって必要となる書類をお借りいたします。

 

 

D 日を改め、ご依頼者さまの不動産につき現地実査をさせて頂きます。

 

 

E その後、対象物件を管轄する役所、法務局等への調査、周辺における成約物件の確認調査、周辺地域における不動産の需給動向を把握するための地元精通者へのヒアリング調査等を行います。

 

 

F そして、これら現地実査において収集した情報、資料等を取りまとめ、評価書作成に着手します。

 

 

G 以後はパソコンに向かっての事務作業となり、対象不動産の状況に応じた最良の価格アプーチとなる手法適用を行い、それにより算出された複数の試算価格について検証を行い、最終的に適正と判断される鑑定評価額を決定いたします。

 

 

H 上記の事務処理の期間としては、物件の種類等の状況によっても異なりますが、10日ほどのお時間をいただきます。

 

 

I その後、ご依頼者さまへの成果物の納品に伺います。そして、その成果物の内容につき、約1時間ほど丹念に説明をさせていただきます。その際、先日お借りした書類の返却を行います。

 

 

J 上記の説明が終わりましたら、評価手数料のご請求書をお渡しいたします。

 

 

K ご依頼者さまからの弊所指定口座へのご入金を確認させていただいた後に、必要であれば領収書を郵送にて送付させていただきます。

 

 

L なお、成果物についてのご質問、疑問については随時対応しておりますので、お気軽にご連絡をいただければと思います。  

▲このページのトップに戻る